名古屋で株式会社を設立するなら、税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士による総合支援窓口!創業融資・補助金申請にも対応の~起業シェルパ®名古屋~

税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士が連携して 多面的観点から起業を全力サポート
名古屋市内で開催中!! 相談会やセミナーで気軽にご相談ください
会社設立や創業融資支援など起業手続きを専門家がワンストップで支援
税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士が連携して 多面的観点から起業を全力サポート
名古屋市内で開催中!! 相談会やセミナーで気軽にご相談ください
会社設立や創業融資支援など起業手続きを専門家がワンストップで支援
前のスライドを表示
次のスライドを表示

【人事労務】三六(さぶろく)協定とは

◇正式名称は「時間外・休日労働に関する協定届」

三六協定の正式名称は、「時間外・休日労働に関する協定届」です。 労働基準法第36条が根拠になっていることから、一般的に「三六協定(さぶろくきょうてい)」という名称で呼ばれています。


労働基準法第36条には
「労働者は法定労働時間(1日8時間1週40時間)を超えて労働させる場合や、休日労働をさせる場合には、あらかじめ労働組合(若しくは過半数代表者)と使用者で書面による協定を締結しなければならない」と定められています。

 

労働者がたった1人でも法定の労働時間を超えて労働(法定時間外労働)させる場合、又は、法定の休日に労働(法定休日労働)させる場合には、労使間で「時間外労働・休日労働に関する協定書」を書面で締結し、別途「三六協定届」を労働基準監督署に届け出ることになっています。

 

もしこの「三六協定届」を労働基準監督署に届け出ずに従業員に時間外労働をさせた場合は、労働基準法違反となります。
とはいえ、三六協定を結んだからといって、無制限に残業をさせていたら、長時間労働が蔓延してしまう為、時間外労働の限度時間も定められています(1ヶ月の時間外労働は原則45時間まで)。

 

中小企業庁認定創業スクール「起業シェルパ名古屋」第1期受講生募集中!

認定創業スクール「起業シェルパ®名古屋」のご案内チラシ(詳細はこちら)
認定創業スクール「起業シェルパ®名古屋」のご案内チラシ(詳細はこちら)

名古屋市内の株式会社設立代行・起業相談なら『起業シェルパ®名古屋』へのお問合せ先: 

 ☎052-583-8848

(統括:行政書士法人エベレスト 名古屋錦事務所)

住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦二丁目15番19号 アゼット錦ビル2階

初回無料 起業シェルパ® 名古屋の90分起業相談を利用してみる
©2017【会社設立代行名古屋】株式会社設立代行・起業相談なら、起業シェルパ®名古屋~税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士~