名古屋で株式会社を設立するなら、税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士による総合支援窓口!創業融資・補助金申請にも対応の~起業シェルパ®名古屋~

税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士が連携して 多面的観点から起業を全力サポート
名古屋市内で開催中!! 相談会やセミナーで気軽にご相談ください
会社設立や創業融資支援など起業手続きを専門家がワンストップで支援
税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士が連携して 多面的観点から起業を全力サポート
名古屋市内で開催中!! 相談会やセミナーで気軽にご相談ください
会社設立や創業融資支援など起業手続きを専門家がワンストップで支援
前のスライドを表示
次のスライドを表示

【労働保険知識】労災保険について

【労働保険】労災保険とは

仕事中や通勤中に事故・災害にあって、ケガをしたり、病気になったり、体に障害が残ったり、死亡した場合などに保障を行う制度です。災害にあった後の社会復帰や、遺族への援助などもあります。


労災保険は「通勤途中」や「仕事中」におけるケガや病気などを対象にしておりますが、「通勤中」「仕事中」以外でのケガ、出産、病気は健康保険で保障をしています。雇用保険と労災保険を合わせて「労働保険」と呼びます。


原則として従業員を雇用している全ての会社に適用され、一人でも労働者を雇用している事業所は、事業を始めた日から強制的に労災保険の適用事業所となります。労災保険に入る、入らないを選択する事はできません。


また労災保険は、労働者一人一人が個人で加入するものではなく、事業所が加入し、その会社で働く人全員に適用される仕組みとなっています。

 

次の事業は例外として労災保険が適用されません。

 (1)従業員が5人未満の個人経営の農・水産業

 (2)常時使用する従業員がいない個人経営の林業

 (3)国の直轄事業、国や地方の官公署

 

また、次の人々は労災保険が適用されません(※例外的に特別加入制度あり)。

 (1)事業主や法人役員(兼務役員は除く)

 (2)従業員で、事業主と同居する親族

 

労災保険には従業員の加入要件がないため、正社員やアルバイトなど雇用形態に関係なく、すべて労災保険の適用を受けることになります。

 

中小企業庁認定創業スクール「起業シェルパ名古屋」第1期受講生募集中!

認定創業スクール「起業シェルパ®名古屋」のご案内チラシ(詳細はこちら)
認定創業スクール「起業シェルパ®名古屋」のご案内チラシ(詳細はこちら)

名古屋市内の株式会社設立代行・起業相談なら『起業シェルパ®名古屋』へのお問合せ先: 

 ☎052-212-8848

(統括:行政書士法人エベレスト 名古屋錦事務所)

住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦二丁目15番19号 アゼット錦ビル2階

初回無料 起業シェルパ® 名古屋の90分起業相談を利用してみる
©2017【会社設立代行名古屋】株式会社設立代行・起業相談なら、起業シェルパ®名古屋~税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士~